トップページ > SMONA実践 GCPトレーニング SMONA教育研修制度・CRC認定制度

SMONAがサポートする教育研修・認定制度 SMONA実践 GCPトレーニング SMONA教育研修・CRC認定制度

SMONA実践GCPトレーニングと、SMONAの教育研修・CRC認定制度のご案内です。入会をご希望の方、ご質問等はメールフォームよりお問い合わせください。

SMONA実践 GCPトレーニング

このトレーニングは、患者さん、医療機関スタッフ、依頼者様から信頼されるCRCを目指し、GCPとALCOAの知識と精神、チーム治験の一員として押さえておきたい基礎知識を浸透させることを目的としたe-Learning(e-ラーニング)方式のトレーニングです。

CRC教育のお悩みありませんか?

  • 研修コストを減らしたい
  • 効率的で効果が見えるしくみがない
  • 集合研修は全員集まるのが難しく、時間が経つと知識が薄れてくる
  • 教育してもスタッフの離職があると現場の負担が大きい
  • 継続的なトレーニングが難しい

SMONA 実践GCPトレーニングはこんなことができます。

  • 人手がかかる教育の研修コストを大幅に削減できます。
  • スマートフォン、タブレット、パソコンなどで空き時間に手軽にできるトレーニングです。
  • くりかえしトレーニングすることで、知識の定着に効果的です。
  • トレーニング問題は年間4回更新し、受講期間後は過去問として復習ができます。

SMONA 実践GCPトレーニング実施で得られる効果

  • トレーニングの実施記録は、本人はもちろん管理者が確認できます。試験として運用もできるので理解度を測れます。
  • 社内のe-ラーニングシステムとして、独自のトレーニング問題を作成して活用できます。
  • マニュアルなどの教材をアップすることで、教育担当者の負担軽減ができます。

CRCが仕事の合間に手軽に学べる!グループ別に資料配布できて便利!

トレーニング画面イメージ

トレーニング画面イメージ

トレーニング画面イメージ

learningBOXの導入事例にて、SMONAの取り組みについてのご紹介が掲載されました。
SMONA実践 GCPトレーニングは「learningBOX」に学習環境を作成しています。

お申し込み方法

無料体験をご希望の方は下記お問い合わせフォームのよりお問い合わせください。後日担当よりご連絡をいたします。

お問い合わせ内容欄に必ず「GCPトレーニング希望」とご入力ください。

ページの上に戻る

SMONA教育研修・CRC認定制度

基礎講座

基礎講座は臨床試験に必要なCRCの心構え、医薬品開発の手順、治験の目的、GCPの基礎知識、CRC業務を学び適切な治験業務を実施できる知識を習得することを目的としています。

  • CRCに求められること
  • 医薬品開発における臨床試験
  • CRC業務とGCP
  • 臨床検査値の読み方

継続研修

CRC業務に求められる専門知識・技能、コミュニケーション能力などを継続して維持・向上することを目的としています。

  • 専門領域疾患研修(疾患別の専門講義、CRC業務)
  • コミュニケーション研修(ヒューマンスキルアップ)
  • コーチング研修
  • 模擬患者参加によるICロールプレイング ほか

SMONA・CRC認定制度

1年6ヶ月以上の実務経験者を対象に毎年4月に『CRC認定試験』(選択問題・記述問題)を実施。合格者をSMONA認定・CRCとして認定しています。

※受験資格はSMONA主催の基礎講座修了、GCPトレーニングおよびSMO各社毎に実施される自社内研修を修了し、規定のプロトコール数を満たした方

認定CRCの継続更新

認定CRCの認定は、初年度2年間、以降5年毎に更新します。SMONA実践GCPトレーニングおよび、SMONA主催の継続研修ほか規定を満たすことが条件となります。

ページの上に戻る

SMONA(協同組合 臨床開発支援ネットワーク)は治験の精度とスピードを高めることを目標に、全国に展開するSMO(治験施設支援機関)が相互連携のもと業務を遂行しています。

SMONAによるCRCの学びの効率と質を高めるためのe-Learning(e-ラーニング)方式トレーニング、CRC認定制度についてのご案内です。